AEDの低価格化へ!AEDの研修を受け実践では、活躍できるか不安が付きまとう

AEDの研修を受け実践では、活躍できるか不安が付きまとう

AED講習

昔、それこそ数年前では全然、目にすることの無かったAEDですが、ここ最近ではあちらこちらで目にする機会がふえたように感じます。

駅や公共の施設、ショッピングモールやマンション、趣味で良くパチンコ店にも行きますがそこにも有りました。

 

AEDは誰でも扱いやすく初めての人でも音声ガイダンスを聞きながら操作をすれば良いだけだと聞きます。
実際に私も会社の事業の一環として研修を受けた(受けさせらだが正しい。。。)のですがその内容は患者を安全な場所へ移動させ、人工呼吸をしてそしてAEDを使用し(ガイダンスの通り使用)して決して難しいものでは無く、逆に簡単だなと感じました。
そしてAEDとは除細動心臓が痙旱している細かく動いている=細動を、取り除く事「除細動」をする機器で効果的だということも習い必要性を感じます。

 

ですがそれを使用する手順は研修を受け、大体はわかりましたが、使用する判断がいまいちピンときません。
実際に倒れている人に遭遇した場合、その人がAEDを必要としているのかどうか?区別の方法を最初に判断しないといけないでしょうし、不要な人には仮にショックボタンを押しても作動しないとは言いますが、やはり心配です。
このあたりの不安を取り除く項目も研修では必要なのではと感じました。