AEDの低価格化へ!救命救急活動は母親としての認識から

救命救急活動は母親としての認識から

母とAED

子供が小学生に入り、その学校の保護者会で救命救急の講習を受講する機会がありました。

私の子供は、活発で、いつ怪我をしてもおかしくない位です。
この事のもあり、母親である私が救急救命が出来なくては、義務的な感じも混ざっていたのでしょうか積極的に受けていました。

 

講習の講師の話を聞いていると意外に知らなかった事も多くあり、いままで動かない人を発見しその場面に遭遇したら何もせず、救急車を呼ぶだけと思い込んでいのですが、それは間違いで、救急車がくるまでの時間が非常に重要であると言う事でした。

 

恐らく私たちにの年代、AEDがまだ知られていない時代の年配世代は、間違った記憶を持っている人が多いのではないでしょうか。

 

またこの講習ではAEDについての使い方も習いました。
校内や公共機関でも沢山、見るようになり、私には無縁の世界で、一生使う機会もないだろう、そして誰かがやってくれると他人任せで、浅はかな思いしていたのも事実です。

その理由は、やはりAEDは難しいというイメージが大きかったからだと思います

 

ですが、この講習で操作して思った事は、専門知識など難しいことはそれほで必要では無く、極端に言えばAEDの話す言葉がわかれば操作が出来る事です。
ちにみに私の感動ですが、決しては頭は良くないでですよ。

 

AEDは小学校にも有りますし、重要な医療機器であることを実感できる講習でとてもためになりました。
私の間違った思いを払拭出来だのは、講習を受け正しい知識に塗り替えられた事この成果はととえも大きいです。

 

救命活動は、誰がいつどこでわかりません。

救命活動は一人一人が協力をして積極的に行動する事が大事だと今はわかります。