AEDの低価格化へ!AEDを含めた講習を受けて見ると意外に簡単

AEDを含めた講習を受けて見ると意外に簡単

警備員

この紹介する方は、警備業に従事していた時の事です。

警備業という仕事柄、救命活動についてはある程度の知識も必要なのでしょう。
その方は、何度か救命の講習を仕事の一環として受講されていました。
その中で感じた事は、今でこそ、街のいたる所で導入されているAEDですが、受講された時にはほとんどなく、知らない人も多かった時代です。

 

AEDは自動体外式除細動器と言う通り、心臓に電気ショックを与えて除細動を促すような機械ですが、最初は、アルファベットと漢字から、相当難しい機械かと想像をしていましたが実際にはガイダンスを聞いて操作をして、これは初心者でも使える機器と感じました。
ただ、簡単とは言えいくつかの注意点もありましたが、金属は取り外すだとか、電極パッドをしっかり貼り付けるだとか色々。。。

 

にしても、潜入概念を持っていたにもかかわらずスムーズに処置が出来、当時はほとんど普及していなかった時に素人同然の私でも出来たのです。
今ではもっとAEDも向上されていると思います。

 

この方のように、素人同然の方でも躊躇することなく操作が出来たとの感想も有る通り、AEDは簡単な操作を目的としても作られています。

 

受講している人としていない人では、考え方も変わるかもしれませんので、講習は受けてみる事をオススメします。