AEDの普及は認知され低価格化され相乗効果がカギ!

AEDの価格が決まる要因について

AED精密機器

AEDは一般人でも使用出来るように開発された高度管理医療機器になり日本語では自動体外式除細動器という名称になります。

この名前から想像すると、その価格は高いのでは?という懸念も有る事でしょう。
確かに高度な管理を必要とする医療機器である為、本体の値段は現在でも数十万〜となり、維持費もそれなりにかかります。

 

また普及され始めてから10数年しか経っておらず歴史も充分では無いので高めかと思います。
どの商品でも同じですが出回った時は値段が高く、世間に広まって需要と供給のバランスが整った時に値段も落ちつきますので、AEDについてはまだその段階にまできていないのでは?
とういうのが感想です。

 

AEDの今後の価格動向については一個人でどうしようもありませんが現状の中で、いち所有者が負担する費用については、仕組みを理解する事である程度の価格を変動させる事は可能です。
ではAEDの価格が変動する要因について考えてみます。

 

AEDの氷点下AEDを所有する費用とは、変動要素について

 

AEDの所有価格に影響が有りそうな項目をピックアップします。
大きく別けてこの3つ。

  1. 契約方法AEDは複数の契約があり、それぞれ値段が違う。
  2. 維持費用AEDの価格は初期費用と「維持費用」がかかる。
  3. 本体価格AEDのブランド、機能によって価格が違う

 

それぞれの内容について紹介をします。

 

AEDは複数の契約方法があり、それぞれ値段が違う

AED契約

AEDを導入する際は、購入だけでは無くレンタルやリースと言った契約もあり月々に負担する費用が低額で済む方法もあります。

直接AEDの価格を決めている項目とは言えませんが、ユーザーが負担をすると言う意味では、同じになります。

 

ここで注意する点が、レンタルやリースは所有する期間によって、支払う合計金額が変わると言う事です。
購入の場合は所有する期間が短かくても高い初期費用がかかります。
購入とレンタルを比べる場合は、一般的には大体4〜5年を境に、それより長く所有するのであれば購入、短い場合はレンタルした方が安く済む事が多いです。
※リースは中途解約が困難である為、比較対象から外します。

 

AEDの価格は初期費用と「維持費用」がかかる

AED維持費

AEDは本体を購入すれば、その後の費用がかからないというものでは無く、消耗品の交換が必要です。

消耗品はバッテリーと電極パッドの事を言いますが、一度も使用しなかった場合でも交換が必要になりますので、注意です。
レンタルやリース契約の場合は月々の支払に含まれている場合がほとんどになります。
AEDを購入した場合は消耗品も別途管理して購入する必要がありますので、それぞれの価格と消耗期限を理解したうえで検討をしましょう。

 

AEDのブランド、機能によって価格が違う

AEDブランド

AEDにも製造メーカーが数社あり、それぞれ機能の違いやブランドで価格が違います。

日本で製造されたAEDや、高度な解析機能が付いたAEDなどありますのでメーカーにも特徴があり、また本体だけではなく、消耗品の電極パッドでも小児用と大人用が共通化されたものや別々の物などあり、本体価格が安くても先に説明した維持費用が高くなるケースもあります。
機種選定は、自分が利用する用途を整理して専門家のアドバイスを受けながら機能を選定。
過剰機能にならないようにしましょう。

 

AED価格は全体のバランスを考え検討しよう

AED価格と機能バランス

このように、AEDにかかる費用は契約の方法や維持費や本体の性能などありますので一筋縄ではいかないでしょう。

また所有したとしても、結局一度も使用しない事もあり、所有は一種の保険と言う考えが近いかと思います。
費用対効果も出しづらく、判断基準は難しいかもしれませんが、所有した後に自分の用途と違ったと言う事がないようにしっかりと計算とアドバイスを受けながら、後で後悔しないようにしましょう。

 

こちらのサイトでAED価格(参考値段)について記載がありますが実際は販売店に聞くしかないようですね。

AED機器

 

古いマンションで暮らす家族

 

都内の築40年超の古いマンションに住んでいます。
夫は勤続20年のサラリーマン、妻は専業主婦で、子供は一人。小学校に上がったところです。
子供は毎日学校から帰ってくると近くの公園に遊びに行き、夕方まで駆け回っています。
夫の会社は比較的残業が少なく、毎日家族揃って夕飯を食べることができています。

 

AED導入価格とメンテナンス費用の高さはネック

AED価格

 

初めてAEDの存在を知ったのは、以前勤めていた会社の研修でした。
運転免許やダイビングの免許を取得した時、一通り救命方法は学びましたが、いざとなると忘れてしまいそうです。
AEDは使い方をガイダンスする音声が出るので、使い方を知らない人でもパニックにならずにすむと感じました。

 

そしてマンションでAEDレンタルをしました。
値段などを調べようと思ったのは、住んでいるマンションで、AED導入が議題に挙がったことがきっかけです。
古いマンションなので高齢の居住者が多くなってきています。
イベント等短期間であれば無料で貸出してくれる団体があると知りましたが、長期だったので探してみました。
レンタルでは大手だとALSOKとセコムくらいでしたが、セコムでは月4900円、年間で約6万円。5年間レンタルしたとすると、30万円近くかかることが分かりました。私たちには高価格。。。

 

そして毎日のチェック、消耗品の交換費用、一度使った場合に消耗品をすべて交換しなければならないなど、意外とメンテナンス費用がかかることが分かったため、レンタルすることにしました。

 

購入価格が20万円台以上と、個人で買うには負担が大きいですし、消火器のように一家に一台持つほどではないと考えました。
共同住宅で一台持つ位で十分ではないかと思います。

 

ただ、一軒家の場合は町内会で一台持つとしても置き場所を決めたり、誰がメンテナンスを担当するかなど、負担も大きくなります。
世帯の多いマンションならば設置が現実的ですが、戸数が少なく、常駐管理人もいないようなアパート・マンションでも難しいでしょう。
それよりは、駅や交番、コンビニエンスストアなど、誰でも分かるところに置いてあるほうが合理的だと思います。

 

これらの事を考えると自治体・法律で設置義務付けが必要なのでは?

AED導入検討

 

横浜市など、自治体でも条例で設置を義務付けるところが出てきましたが、まだまだ少数です。
マンションで設置を検討した時に、国レベルでの法律がまだ整備されていないということも調べて分かりました。
最近、突然死のニュースもよく聞くので、他人事ではないと感じます。どんどん増えていって欲しいものです。

 

やはり問題はAED価格が高い

AED価格比較ページの記載がありましたが、長期的にみると多大な金額です。

 

普及のカギは価格、費用、これが大きいと思います。

続きを読む≫ 2016/05/15 06:59:15

AEDの氷点下

世の中には色々な機械があります。                  、

その中で一般家庭で使う機械の取扱い説明書を良く見ると適正温度帯の記載がある場合があります。
経験あると思いますが、一般的に機械関係は、寒さに弱い傾向が有ります。

 

AEDも同じで寒さに弱く、取説でも正常に作動する温度範囲の記載がされています。
大抵は0度〜50度位になりますが、それを超えると正常に動かない場合があるとの事。

 

よく適正温度を超える温度と言えば氷点下ですが、AEDが寒さに弱い主たる要因について考えたいと思います。

 

ジェルが凍結

身体へ貼る電極パッドには密着するようにジェルがついていますがそれが、それが凍り機能を果たさない場合が有ります。

 

バッテリーの出力低下

本体に搭載されているバッテリーが冷えて適正な出力が出ない場合があります。

 

などの理由にあげられ、ほんの一部ですが、AEDこのようには寒さに弱い機器だとい言うのがわかると思います。

 

ですが温度管理の対策をすれば、通常通り使用出来ます。
温度管理が出来る入れ物やAEDBOXを利用するなど、また適正温度外になる場所へ設置して利る場合はその時間は温度管理の出来ている場所へ移動するなど工夫次第で対応も出来ます。

 

盲点となりがちな温度管理、設置場所の温度も注意を払いましょう。

続きを読む≫ 2015/12/03 18:54:03

小学生副読書

私が小学生の頃は、AEDと言う存在も知りませんでした。

一般市民が使用出来るようになってからまだ10年余りですから知らなかった人も多いと思います。
タイトルの通り、現在は小学生でもAEDについて学ぶ機会もあり本も無料で配布されています。
それは、「減らせ突然死プロジェクト」なる計画があり、小学生へ向けて副読書を配っています。

 

「命を守る心肺蘇生・AED救急車がくる前にできること」

 

AED副読書の内容については、救急車が来るまでにやるべきことやAEDの事、心肺蘇生の事、などイラストも用いられ説明がされていますが小学生には少し早い内容かもしれません。

 

私が思う所、この目的は、幼いころから救命意識を持ってもらおうと言う意図が感じられました。
実際に、小学生の子供がAEDや心配蘇生法をする事は難しかもしれませんが何となくでもしっていれば、違うと思います。

 

更なる普及への足掛かりとなるプロジェクトとなって欲しいと思います。

 

気になる方はこちら、のサイト減らせ突然死プロジェクトコンテンツからダウンロート出来ます。

続きを読む≫ 2015/12/03 18:53:03

救急の日

AEDとは少し違いますが、9月9日は数字99を取って救急の日としています。

これは、厚生労働省によって定められ、昭和57年西暦では1982年から始まり30年以上も前からあり、歴史も出来てきた日です。
救急の日を定め、この日を含む1週間は救急医療週間として色々なイベントが開催されます。
詳しい内容は厚生労働省のホームページに記載があります。

 

救急と言えば救急車を思い浮かべる人も多いと思いますが、救急車が出動した統計がありましたので紹介しますと、2013年の出動回数は約580万件に対し2014年は約590万件との事です。1年間で約10万件増えた事になり、日本全国で見ると5.3秒に1回の出動との事で、いかに多い事かというのがわかります。

 

また興味深いデータもありました。
2014年の590万件のうち軽傷医師の診断が必要ない、入院や治療が必要でない件数は約半数50%という割合でした。

 

救急ではない人が半数利用していることになります。
国内の交通事情は渋滞が慢性化していますし、半数が救急車が必要ではなかったことを考えると、本当に必要な時に救急車が来ないことも考えられる問題かと思いました。

 

9月9日救急の日を機会に国民一人一人が救急の意識・認識をもち正しい知識の元で行動してもらいたいと考えます。

続きを読む≫ 2015/12/03 18:46:03

AED講習

昔、それこそ数年前では全然、目にすることの無かったAEDですが、ここ最近ではあちらこちらで目にする機会がふえたように感じます。

駅や公共の施設、ショッピングモールやマンション、趣味で良くパチンコ店にも行きますがそこにも有りました。

 

AEDは誰でも扱いやすく初めての人でも音声ガイダンスを聞きながら操作をすれば良いだけだと聞きます。
実際に私も会社の事業の一環として研修を受けた(受けさせらだが正しい。。。)のですがその内容は患者を安全な場所へ移動させ、人工呼吸をしてそしてAEDを使用し(ガイダンスの通り使用)して決して難しいものでは無く、逆に簡単だなと感じました。
そしてAEDとは除細動心臓が痙旱している細かく動いている=細動を、取り除く事「除細動」をする機器で効果的だということも習い必要性を感じます。

 

ですがそれを使用する手順は研修を受け、大体はわかりましたが、使用する判断がいまいちピンときません。
実際に倒れている人に遭遇した場合、その人がAEDを必要としているのかどうか?区別の方法を最初に判断しないといけないでしょうし、不要な人には仮にショックボタンを押しても作動しないとは言いますが、やはり心配です。
このあたりの不安を取り除く項目も研修では必要なのではと感じました。

続きを読む≫ 2015/07/01 05:45:01

一人

救命活動と聞けば、それ専門の人や医療関係者や救急隊、そして自衛隊をも思い浮かべたりします。

私達が救命活動をするには少し抵抗があると思っていませんか?
そう思うのも無理もないかもしれません。
私達が情報を収集する場所と言えばテレビやメディア。
その取り上げられている内容を見れば、感動性の高いものばかりですから、高度な救命や機転の効いた救命のストーリーを多く見かけます。

 

ですが、救命は誰でも行えると意識してほしいと思います。

 

救命はそれらの様に高度な事だけとは限らず、私達でも簡単に出来る事もあります。
例えば、最近多く見かけるようになったAED、これは一般人が使える様にとの意思があります。
また心臓マッサージや人工呼吸も専門の人ではなく、傷病者の発見者は一般人が多いので逆に一般人が誰でも行えるようにしておいた方が望ましいでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 05:44:01

母とAED

子供が小学生に入り、その学校の保護者会で救命救急の講習を受講する機会がありました。

私の子供は、活発で、いつ怪我をしてもおかしくない位です。
この事のもあり、母親である私が救急救命が出来なくては、義務的な感じも混ざっていたのでしょうか積極的に受けていました。

 

講習の講師の話を聞いていると意外に知らなかった事も多くあり、いままで動かない人を発見しその場面に遭遇したら何もせず、救急車を呼ぶだけと思い込んでいのですが、それは間違いで、救急車がくるまでの時間が非常に重要であると言う事でした。

 

恐らく私たちにの年代、AEDがまだ知られていない時代の年配世代は、間違った記憶を持っている人が多いのではないでしょうか。

 

またこの講習ではAEDについての使い方も習いました。
校内や公共機関でも沢山、見るようになり、私には無縁の世界で、一生使う機会もないだろう、そして誰かがやってくれると他人任せで、浅はかな思いしていたのも事実です。

その理由は、やはりAEDは難しいというイメージが大きかったからだと思います

 

ですが、この講習で操作して思った事は、専門知識など難しいことはそれほで必要では無く、極端に言えばAEDの話す言葉がわかれば操作が出来る事です。
ちにみに私の感動ですが、決しては頭は良くないでですよ。

 

AEDは小学校にも有りますし、重要な医療機器であることを実感できる講習でとてもためになりました。
私の間違った思いを払拭出来だのは、講習を受け正しい知識に塗り替えられた事この成果はととえも大きいです。

 

救命活動は、誰がいつどこでわかりません。

救命活動は一人一人が協力をして積極的に行動する事が大事だと今はわかります。

続きを読む≫ 2015/07/01 05:44:01

救命は協力

救命に関係するお仕事をしている人から聞いた時の話です。

その人は、そういった場面に出くわす時がたまにあるのですが、実際これだけ普及したAED、救命活動のように見えますが、もしかしたらそれは上辺だけ?と思う瞬間があります。
データを見てもらえば解るかもしれませんが、救命処置がされずに病院へ運ばれたケースはかなり多い数字です。
実際にその人も、現場で応急処置がされずに「処置が出来てば助かっだのでは?」と思う場合が何度かあったとの事。
別に完璧な救命処置ではなく一般的な処置でも、されていないケ−スも多いとか。

 

駅とかには当たり前のようにあるAEDですが、その目的は一般人が使用出来るように、その為にも解りやすい使用方法の仕様かと思います。
ですが、そいっだ駅の中でも、AEDを取りに行っていない、使用していないケ−スも有り。
また最も多いのは、救急隊の邪魔にならない様に遠目で見ている野次馬が目につくこともあります。
声を掛けるだけでも違うと思いますし、その場で今、自分が出来る救命処置を考えて行動してほしいと思った時も何度かあるようでした。

 

また、よくたとえ言葉で「最近の若い子は」と憎まれ口を言われる人もいますが、最近の傾向では、若い人の方が積極的に行動しているように思えます。
医療関係者の感想ですが、もっと周りの人も協力しあえる環境になって欲しいですね。

続きを読む≫ 2015/07/01 05:43:01

AED講習にて

救命救急講習を初めて受けた、ちょっと照れ屋さんの感想を紹介します。

 

この方は、小学生の子どもを持つー児の父親ですが、人前に出る事が苦手で、いわゆる照れ屋の人です。
当然と言えば当然ですが、この正確がら、積極的に救命救急の講習は受ける事が今まで無かったようです。

 

ふとしたきっかけで、小学校のPTAの事項委員をしなければならない時期があり、その父親は体育委員を担当していたのですが、行事の一環で救命救急の講習へ参加する事になりました。
講習のイメージと言えば、先生が話をしてビデオを見てそれで終わるものだと思っていたのですが、本番さながら実施訓練もありました。

 

私の性格上、人前に出て話したり行動するのは緊張をするタイプなので気分は乗り気では有りませんでした。
同じような思いをして参加をしている人も多くいると思ったのですが、以外にも周りの人は積極的で正直、驚きました。

 

この気持ちを抑え、いざ講習の場面になり、引っ込み思案な私でも、実際に講習を受け、傷病者の呼吸を確認したり、声を掛けて意識を確認したり、119番の助けを読んだり、気道を確保して人工呼吸も、心臓マッサージも照れながらもー生懸命行いました。

 

そしてAEDも訓練用の機器を実際に触りながら操作をしたのですが、音声でガイドをしてくれるのでオドオドしながらも操作が出来、簡単でした。

 

AEDを含めた講習からの教訓

この経験から、救命救急は私には縁の無い事かと感じていたのですが、気持ちが有れば少しでも救える手助けが出来ると真剣に思うようになりました。

 

この方の救命救急の教訓は、一歩を踏み出す勇気も重要な要素だと気づいたのでしょうね。

続きを読む≫ 2015/07/01 05:43:01

警備員

この紹介する方は、警備業に従事していた時の事です。

警備業という仕事柄、救命活動についてはある程度の知識も必要なのでしょう。
その方は、何度か救命の講習を仕事の一環として受講されていました。
その中で感じた事は、今でこそ、街のいたる所で導入されているAEDですが、受講された時にはほとんどなく、知らない人も多かった時代です。

 

AEDは自動体外式除細動器と言う通り、心臓に電気ショックを与えて除細動を促すような機械ですが、最初は、アルファベットと漢字から、相当難しい機械かと想像をしていましたが実際にはガイダンスを聞いて操作をして、これは初心者でも使える機器と感じました。
ただ、簡単とは言えいくつかの注意点もありましたが、金属は取り外すだとか、電極パッドをしっかり貼り付けるだとか色々。。。

 

にしても、潜入概念を持っていたにもかかわらずスムーズに処置が出来、当時はほとんど普及していなかった時に素人同然の私でも出来たのです。
今ではもっとAEDも向上されていると思います。

 

この方のように、素人同然の方でも躊躇することなく操作が出来たとの感想も有る通り、AEDは簡単な操作を目的としても作られています。

 

受講している人としていない人では、考え方も変わるかもしれませんので、講習は受けてみる事をオススメします。

続きを読む≫ 2015/07/01 05:42:01